子ども一人ひとりが安心して自分らしさを発揮できる生活環境をつくり、
「思いやり」「意欲」「自主性」「集中力」「創造力」を育てます。

 『異年齢保育』(2〜5歳児) 子どもと子どもの自然なかかわり合いによって互いに違いを認めながら、協力し合う「育ち合い」の保育を目指しています。